アパレル面接 服装

アパレル 正社員求人に強い紹介会社

現在、アパレル正社員求人をお探しの方へ正社員求人が見つかる紹介会社をご紹介しています。併せてアパレル求人に関する情報もご紹介しています。

アパレル面接の服装について

アパレル面接の服装で悩んでいる方が多いようです。

一般的な企業ならリクルートスーツで良いかもしれませんが、アパレルの場合はファッションセンスが査定に含まれるかもしれません。少なくともリクルートスーツは避けた方が良いでしょう。

では、「どのような服装を心がければ良いの?」と思われるかもしれませんが、まずは面接を受けるショップに足を運んで下さい。そして販売員の服装をチェックして下さいね。

セレクトショップやファストファッションのようなカジュアル系なら、ショップ店員が制服を着ているケースは少ないと思います。今の季節のコーディネートを参考にして、そのショップの洋服を着こなすと良いですね。

ただしカジュアル過ぎるのは逆効果です。採用、不採用が決まる場所という意識は常に持って下さいね。

デザイナーズブランドやラグジュアリーブランドも基本は同じです。ショップ店員の服装を参考にして下さい。ただしカジュアル系と違って、高価なアイテムを購入するのは難しいかもしれません。

その場合は、ブランドイメージを崩さない服装ですね。

たとえばデザイナーズブランドなら、イメージを損なわないスタイル。ラグジュアリーブランドなら、黒を基調にしたフォーマルなスタイルなど、そのブランドイメージに合った服装が大切になります。

ただしライバル企業のアイテムを身につけるのは避けて下さい。特にハイブランド、ラグジュアリーブランドの場合は、面接で評価がマイナスに傾く可能性がありますね。

シワや汚れもチェックして下さい

他にシワや汚れがないなど、最低限のビジネスマナーは必要になります。洋服を扱っている企業の面接に行くわけですから、洋服を雑に扱う志願者の印象は良くないですし、アパレル業界で働く上で、重要なポイントと言えるでしょう。

以上がアパレル面接の服装のポイントですが、詳細は求人サイトのアドバイザーに聞いてみて下さいね。

「私が受けるブランドの面接には、どのような服装が良いでしょうか?」とストレートに聞けば、しっかり教えてもらえると思います。

他にも面接時の受け答え、志望動機のアドバイスも受けられるでしょうし、アパレル求人サイトは無料で利用できますから、積極的に活用してみて下さい。